葬儀のことならご相談を

一般的にお葬式は突然訪れることとされています。
しかし、終活やエンディングノートなどの市場が活発に成り、もはや死は突然訪れるものから備えるものへと変化してきています。


持病のあるなしや年齢に関わらず、いずれ人は皆死にます。

その時にどれだけ自分らしい葬儀をできるのか、はたまたお葬式などいらない、お別れ会で良いのか、盛大に送り出したいのか、ひっそりと終わりたいのか、様々です。そしてそれらは自分のことでありながら、自分がするわけにはいかないのです。遺された家族や身内、友人の手によることになるのです。



遺された家族などの手を煩わせることなく、納得する葬儀を行うためには相談が欠かせません。

47NEWSに関する情報満載です。

昨今の葬祭業界は相談をどんどん受け付けています。

生前のお葬式の見学会も頻繁です。

見学会では祭壇の種類だけでなく、骨壷も選べます。


自分が入りたい種類のお棺を選び、「ちょっと派手かしら」と笑う老婦人のお姿なども珍しくなくなりました。相談会などはなんとなく縁起でもないからと遠慮される方もまだまだ多いのですが、事前相談をされた方の方が葬儀には満足したというアンケートデータがあります。


予め業者との話合いで決めておけたので、当日がスムーズに進行した、身内の横槍なども「事前に故人と決めたことだから」と突っぱねることができたなどの意見があります。

葬儀の主役はいうまでもなく亡くなった方です。

葬儀の相談に関する情報を提供中です。

その方らしいお葬式を、あの世への送り方をするためにも、葬儀の相談は必要ですし、これからの主流となってきます。