水虫になったら両国の皮膚科で治す

水虫には種類があるので、自己判断で市販薬を購入して治そうとしても、うまくいかない場合があります。両国には皮膚科が多いので、まずはクリニックを訪れ、自分がどのタイプの水虫かを診断してもらうようにしましょう。足水虫と爪水虫では治療期間が違うので、たとえ長くかかっても、途中でやめないことが大切です。両国の皮膚科で水虫を診てもらうと、最初に顕微鏡検査と血液検査を受けることになります。

血液検査は1度では終わらず、1か月に1回程度は受けなければなりませんが、これは薬の副作用が出ていないかを調べるために行います。副作用により、肝臓に負担がかかる恐れがあるので、水虫の治療を行うときは、定期的な血液検査が必要です。水虫の治療薬はいろいろありますが、両国の皮膚科では、ラミシールとイトリゾールが主に処方されています。ラミシールの場合は一定期間は毎日飲まなければならず、定期的に血液検査も受けなければなりません。

イトリゾールの場合は、一定期間服用した後に休むという服用法を繰り返していきますが、血液検査は最初だけで済みます6か月以上、水虫の薬を使い続けても効果がいまいちだったときは、別の治療に移ることもあります。足水虫の場合は2か月もあれば治療が完了しますが、爪水虫の場合は爪が伸びきるまでに半年はかかるので、完了の時期も遅くなります。爪の伸びるスピードが遅い人の場合は、さらに長期の治療が必要になるので、早く治そうとは焦らず、のんびり続けるようにしてください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.