• 自宅と歯科で行うホワイトニング治療

    歯科で行うクリーニングは、一般的には虫歯や歯周病の予防を目的として行われるため、自宅ではケアできない歯垢やステイン、歯石などをきれいに取り除くことができます。しかしながら、本来の歯の色以上に白くすることができないため、歯を白くしたい場合はホワイトニング治療をする必要があります。
    歯科で行うホワイトニングには、漂白剤を使ったものや、白い素材を貼ったり、セラミック製のかぶせものをしたりなど、様々な治療法があります。

    その中でも人気があるのは、薬剤を使って歯を漂白する治療法です。



    これには、自宅で行う方法と歯科で行う方法があります。

    自宅で行うホームホワイトニングは、まず歯科で自分の歯型に合わせたマウスピースを作ります。


    そして、このマウスピースに薬剤を入れて、毎日数時間装着すると、3週間くらいで歯が白くなります。自宅でできる手軽さと、コストが安いことが魅力ですが、効果があらわれるまでに時間がかかるのが欠点です。

    また、痛みに我慢できずに途中でやめてしまうリスクがあります。

    歯科で行うオフィスホワイトニングでは、自宅で使うものよりも強い薬剤を使い、レーザーやLEDを照射します。



    1回の治療で1段階から2段階くらい白くなりますが、初めて受ける人は、3回くらい続けて受けることでより効果があらわれやすくなります。
    短時間で効果を実感できるのが大きなメリットですが、自宅で行うものと比べて料金が高いのがデメリットです。



    効果が持続するのは、ホームもオフィスも半年から1年くらいです。