• インプラントの治療方法

    いつまでも食べ物をおいしく噛むためにも歯はいつまでも大事にしたいものなのですが、虫歯などで歯がなくなってしまうことがあります。
    歯を失うと噛合せが悪くなり、しっかりと噛めないといったようになることにもなります。

    食べ物の中でも硬いものが噛むことができなくなると食事にも支障が出てきてしまったりします。
    歯の治療方法には入れ歯やブリッジなどあり、入れ歯は周りの歯に金具で取り付けているためにちゃんと固定することが難しく、食事中に外れてしまうと取り付けなおすことにもなります。

    インプラントであれば入れ歯のように引っ掛けて取り付けるのではないので、骨に器具を埋め込んでそこに人工の歯を取り付けるという方法なのです。



    器具は金属で骨にしっかりと固定されるために外れることはありません。


    インプラントなら歯茎から歯が生えてきたのと同じようになるために食事なども自然の歯と同じように噛むことができるのです。
    またきれいに取り付けることができるのもインプラントの特徴であり、自然の歯と同じような歯並びで取り付けられるので違和感がないというメリットがあるのです。



    会話の時も入れ歯みたいに外れてしまったり金具が見えてしまうというような心配はありません。



    きれいな歯で会話を楽しむこともできるようになるのです。

    このようにインプラント治療なら入れ歯などと違いしっかりと固定されることになり食事も問題なく食べることができようになり、きれいな歯で会話もできます。