治験に参加するには?

治験とは新しい薬や治療法を実際に健康な人で使って試すことで効果や安全性、治療法などを確認する臨床試験のことです。製薬会社は治験の結果によってそれが病気に有効なものか、もしくは適正な投与量や投与方法などの治療法を確認し、それを厚生労働省に申請し承認されることでやっと多くの患者にその治療法が一般で使われるようになります。治験に参加するにはまず、治験に参加することが適当であるかどうかを判断される必要があります。その薬や治療法に対して適していないと医師から判断された場合は参加することはできません。

傘下に適していると診断された場合には医師から治験についての詳しい説明を受けたあと、実際にその治療法や薬を使います。参加条件はそれぞれに異なっているため医師からの説明を受けてください。参加は自由意志によるもので誰かに強制されるものではなく、決定の際にもすぐに決める必要はなく一旦帰って家族に相談しても構いません。十分な説明を受け、同意したうえで判断しましょう。

参加にあたっては各医療機関や研究機関に直接申し込む方法か、もしくは情報サイトから探して参加するという方法があります。いずれにしても上記で説明したインフォームドコンセントが必要であり、しっかりと医師から説明を受けたうえで参加するかどうかを判断するようにしましょう。臨床試験への参加によって今後の医療、医薬の発展の助けになることでしょう。ぜひあなたも参加してみてはどうでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.