新薬開発で治験は大事な過程

新しく薬を作るとなると、とても大変です。新しい病気ができたから、すぐに治療薬を作って欲しいと思うかもしれませんが、簡単なことではありません。大抵の場合は何年もかけて作っているようです。それに、薬ができたとしても、それが本当に効果があるのかや副作用が出るのかなどを調べなくてはなりません。

動物実験だけでは不十分ですから、治験が必要です。多くの人に協力してもらって、たくさんのデータを集めます。募集する条件はいろいろとありますが、健康な人に試したり、疾患を患っている人に協力してもらうこともあります。なるべく多くの人に協力してもらうことで、たくさんのことがわかりますから興味がある人は参加してみてください。

治験によってどんな効果があって、副作用が出るのかを調べて、安全性を確認します。効果がなかったらそれを使っても患者さんは病気を治せませんし、副作用が重くなったら使用が難しくなるかもしれません。すでに出回っている薬の中には副作用が重くなるものもあり、お医者さんが気を付けて使うこともあります。実は、治験自体は意外と人気が高いです。

真っ先に新しい薬が試せることもあるでしょうし、社会貢献したい人や報酬を楽しみにしている人などバラバラです。どのような理由であっても参加する人が多いのはありがたいことではないでしょうか。それだけ多くのデータを収集することができますから、新薬開発がスムーズに進むかもしれません。AEDのレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.