治験には社会貢献という意味合いがある

新薬が世に出回るまでには、気が遠くなるような膨大な時間とコストがかけられています。最もも重要なことは、病気に対して効果があるかどうかということですが、同時に安全性も確保されなければ承認されることはありません。この有効性や安全性を確かめるために、たくさんの試験が繰り返されることになります。最初は動物による実験から始めって、最終的には人間で試すことになります。

しかも、何段階かのステップを踏みながら、多くの人たちに実際に投与して、有効性と安全性が確かめられていきます。これを治験と言いますが、実際にその治療薬の対象となる病気を持っている患者さんで試されることもあれば、健康な人を通して試されることもあります。治験の募集条件を見れば、薬によって年齢や求められる健康状態が異なっていることがわかります。治験に参加することによって、新薬の開発に協力することができるので、これは大きな社会貢献の一つと考えられます。

大なり小なり犠牲が伴おうとも、誰かが行わなければならないことであり、それを自らボランティアとして参加することになります。もちろん、治験を行えば、それ相応の謝礼を受け取ることができます。これをアルバイトと同じように考えるなら、通常のアルバイトよりもはるかに高額なお金を手に入れることができます。それはやはり多少なりともリスクがあるからです。

しかし、どんな仕事でもリスクがないものはありません。多少のリスクは社会のためだと思えば、遣り甲斐もあるというものです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.