業者の広告を目にすることも多い水トラブルですが、全てのケースで修理依頼が必要になるわけではありません。

必要になるのは、漏れ方が酷い場合や止水栓でも止められない場合、トラブルの原因が分からない場合、分かっていても素人では修理できない症状であった場合等です。基本的に老朽化によるトラブルは自力で直すことが難しいケースも多く、大掛かりな修理が必要になるかもしれません。大掛かりな修理ではそれなりの道具も必要ですし、ノウハウも無いと対処するのは困難です。一般的に水道周りではパッキンの劣化が主な原因になっていますので、パッキンをあらかじめ用意しておけば、いつでも簡単に交換できます。パッキンは市販されているものばかりであり、ホームセンター等の量販店で入手できます。中には特殊なパッキンが使われているものもありますが、メーカーから取り寄せれば入手可能です。

メーカーから出されているものはらピッタリ合うはずですので、安心して交換できます。毎日使っているとナットが緩むことがあり、ナットの緩みは工具で締め直すことで解決です。工具があれば簡単にできますが、素人が修理すると締め過ぎることがあるため、力の入れ過ぎには注意する必要があります。過度な力を加えた場合、それが原因でトラブルが引き起こされることもあり、問題の無かった箇所に新たに問題が見つかる可能性もあります。給水管部分のヒビ割れは、応急処置としてテープを貼りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *