住まいの水回りで詰まりや漏れなどのトラブルが起きやすい場所は、洗面所やトイレなどです。

症状が見られた場合は、どの箇所からトラブルが発生しているかを確認して、自分で対処できるかどうかの判断をしてください。洗面所では、蛇口や洗面台の下にある排水管から漏水が起きる場合や、洗面台の排水口に髪の毛や石鹸カスなどが蓄積されて、水が流れないケースが多いです。蛇口であれば内部パーツのパッキン交換で、排水口はゴミを取り除き洗浄液などを使って、漏れや詰まりを自分で解決できるかもしれません。排水管のトラブルはパイプやナットの劣化も考えられますが、まずはナットを締め直してみて漏水などが解決すれば部品交換する必要はありません。

排水管そのものを交換しなければならない場合や蛇口の分解に自信がない人は、水道修理・交換のプロに依頼した方が良いです。使用頻度が高いトイレは詰まりと漏れが比較的起きやすい場所と言われています。多くが、トイレットペーパーを多く流してしまったことで起きるトラブルです。詰まりが起きた便器から水が漏れてしまった場合は、ラバーカップを使って水が正常に流れるように対処します。ただし、例えば子供のおもちゃなど、流せない異物が原因の場合はラバーカップで解決しないことも多いですから、その時は修理依頼してください。漏水は、周囲の建材にカビの発生や腐敗などの被害を広めてしまう可能性がありますが、早めの対処を心掛ければ、被害を最小限にとどめることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *