トイレがつまりもしくは漏れにより使えなくなると日常生活に大きな影響を与えてしまう、特に家族が多い家などでは深刻な問題になることも少なくありません。

2階建てなどの戸建て住宅の場合は、1階と2階にそれぞれトイレがあるので一方が使えなくなってももう一つが使えるので何とかなりますが、マンションなどの場合はトイレがあるのは1つですから問題も大きくなりがちです。つまりや水漏れは主に老朽化などに伴い生じるトラブルで、長年使い続けていると便器から流れる水量が減って来る、流れが悪くなってしまうこともありますし、タンクから水か漏れるようなトラブルが起きることも少なくありません。つまりについては、水を流した時に流れが悪くなった段階で改善する、タンクからの水漏れも早めに部品の交換や内部の点検を行えばトラブルが急に起こることは減ります。

流れが悪くなったり、水位の変化が著しく変わったときなど便器の奥の方で異物が水流を悪化させていることが原因で、これを取り除くことはつまりを予防する効果に繋がって来ます。流れを解消する方法としてはラバーカップを使うのが最善、これに加えて重曹を使えばさらに効果的です。最初に重曹を適量便器に注ぎ入れて放置、時間をおいてからラバーカップで内部に水圧を与えます。重曹は異物などを柔らかくして水路内部に付着している汚れを落としやすくするので、ラバーカップで水圧を与えれば汚れがきれいに取り除かれてつまりの原因を取り除けます。
トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *