トイレは日常生活には必要不可欠な設備であり、家の水回りでも使用頻度が高いことで知られます。

そのため水トラブルも頻発しやすいゾーンと言えます。水を流したら便器からあふれ出した、いつまでもチョロチョロと水が流れ続ける、あるいはトイレタンク内で常に水漏れの音がする等、トラブルの症状も多岐にわたります。そのままにしておくと、他の正常な排水管や給水管の他、床や壁といった建材にまで、ダメージを拡大するおそれがあります。

またアパートやマンションといった集合住宅では、階下の住民にまで水漏れの被害を及ぼすことも考えられます。このようなリスクを避けるためにも、できるだけ速やかに修理することが求められます。トイレの水トラブルで目立つのが、トイレタンク内を原因とする水漏れです。例えばボールタップが破損していると、給水管からタンクへの給水調節ができなくなり、ひたすらタンク内へ給水され続ける状態になります。またフロートバルブに異常があると、タンクから便器への水量調節がうまくいきません。

その結果、いつまでも便器へ水が漏れ続けることになります。さらに便器の詰まりによっても、水が流れなくなることで、床との隙間から水漏れするケースもあります。このような水漏れトラブルに対しては、素人の方でも修理が可能な部分もあります。しかし専門的な知識や技術さらに特殊な工具類が必要になるケースも多いので、スピーディーかつスムーズな修理を実現したいなら、地域で信頼できるプロの専門会社へ依頼する方が無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *