生活で出る排水を流す役割の排水溝や排水管は、普段あまり気にすることがないという人も多いのではないでしょうか。

毎日当たり前に水を流すため、経年劣化しやすい箇所でもあります。水漏れやつまりなどのトラブルが起きると、日常生活に支障が出てしまうため速やかな対処が必要です。万が一水漏れやつまりが起きた時に、自分でもできる対処法を把握しておきましょう。.家庭内で排水管や排水溝の水漏れやつまりが起きるのは、大体6箇所が考えられます。

風呂場やトイレ・洗面所、キッチン、洗濯機と屋外の排水溝です。ユニットバスの場合は、基本的に浴槽・トレイ・洗面台などの水回りが一本の排水口と排水管につながっています。異臭が気になったり、水が垂れている音が聞こえるなどの状況があれば、これらの箇所の排水を確認しましょう。.排水にトラブルが起きる場合、パイプのつまり・接続部のゆるみ・経年劣化の3つの原因のいずれかによるものがほとんどです。排水パイプは、軽いものなら掃除をするだけで改善できます。

市販のパイプクリーナーを流し込んだり、重曹や洗浄剤が効果的です。ただし、一度に多くの洗浄剤を使うとパイプ内で蓄積してしまう可能性があるので、少量ずつゆっくりと行いましょう。接続部のゆるみは、締め直すことで解消されます。洗浄や緩みを締め直しても水漏れが起きている場合に考えられるのが、内部のパーツの劣化や破損です。必ず同じ部品を交換する必要があるので、自分で購入する際は、壊れて取り外した部品を店舗に持っていくなど間違えないように注意が必要です。
水漏れとつまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *