家の水回りにある蛇口が水トラブルも抱えているなら、速やかに修理をすべきです。

そのままにしておくと、水垢やサビによって腐食しやすくなり、他の正常な水道設備にもダメージを与えます。それどころか壁や床といった建材にまで被害が及べば、大がかり工事が必要になってしまいます。一口に蛇口の水トラブルとっいても、様々なケースがあります。そのうち最もよく知られるのが、吐水口からの水漏れでしょう。ハンドルやレバーを閉めたのにも関わらず、いつまでもポタポタと吐水口から水が漏れ続けるのが、このケースです。

原因としては蛇口の内部にあるケレップやコマと呼ばれる、部品の劣化が考えられます。経年劣化が進むと摩耗や破断することで隙間が生じ、そこから水が漏れ続けるのです。また蛇口と壁や台座をつなぐ接合部から水が漏れする場合には、ナットの緩みやパッキンの劣化が考えられます。ケレップやパッキンの交換、あるいは緩んだナットの締め付け程度なら、素人の方でも簡単に修理が可能です。

その際には水道の元栓を必ず閉めてください。これを忘れると作業の途中で水道が噴出することになるので、気をつけましょう。ただし蛇口の中にも、水と湯が別々に出るツーホールものや、ワンホールでも混合水栓タイプのものなど、複雑な構造のものがあります。少しでも自分では無理だと感じたら、速やかに地域で信頼できるプロの水道メンテナンス会社へ、修理の依頼をするべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *