お住まいの住宅に設置されているトイレは、どのようなタイプなのであるのかをしっかりと把握している人は意外に少ないのではないでしょうか。

日本国内ではほぼすべての地域で水洗化が進み、落下式や簡易水洗式などはほとんど見られなくなりました。そのため主流は水洗トイレということになりますが、それにもいくつかの方式があります。普及初期に多く見られたロータンクタイプは、本体に直接載せられるような大き目の水タンクを設置し、レバーを動かして栓を抜き水の落下による力で洗い落とすという方式です。このタイプもまだ多く残っており、比較的構造が単純であるために修理に関しても部品交換などで済む場合が多いものです。

もちろん、不具合の個所が1つとは限りませんので専門の会社に修理を依頼することが良いと言えます。近年は、ロータンクを排して水を直接噴射させて水流を生み出すタンクレストイレの人気が高まってきています。またタンク式でも、水をためてフローティングを物理的に動かすことで止水する構造ではなく、水流センサーでの制御が取り入れられているなど、電子化が進んでいます。

それらの製品の場合には本体の破損やセンサーの故障、動作部品などの不具合などが複雑に影響しあって水が漏れるなどの症状に発展することがあります。修理をご自身で行うことは大変困難ですので、修理方法をしっかりと熟知している専門のトイレ修理対応会社へ連絡して問題の解決を依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *