トイレの修理は、簡単なものであれば自分で行うこともできます。

必要となる工具も一般的なもので十分ですので、準備をした上で取り組んでみることをおすすめします。まず作業前に行っておきたいのが、水道の栓を閉めておくことです。作業中に何かトラブルが起きたとき、水道の栓が開きっぱなしになっていると水が大量にあふれ出てしまいかねません。あらかじめ水道の栓を閉めておけば、そうした事態を防ぐことができます。水道の栓は一戸建ての家であれば、玄関近くの地面に埋め込まれているはずです。水色のフタを開いて、中にある栓を力を入れてしっかりと閉めておくようにしてください。さらに水があふれたときに備えて、タオルや雑巾といったものを用意しておいてください。

これもあふれ出してから探していると、どんどん床に浸透してしまいます。作業箇所の下に初めからタオルを敷いておくようにすれば、こぼれた水滴も受け止めることができます。実際の作業ではドライバーやモンキースパナなどの工具を多用します。ドライバーは内部に使われている部品を外したり、水の流れを止めるために使用します。モンキースパナはナットを緩めるのに使うので、適切なサイズのものがなければスクリューでサイズを調整できるものを用意してください。基本的にナット類をしっかり締め直すことでトイレの修理はほぼ完了します。使っているうちにナット類が緩んでしまうのが大きな原因だからです。しかしうまく直せない場合には、トイレ修理の専門会社に頼る方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *