機能が高度化した近年のトイレは、故障した部分を簡単にご自身が修理できないケースが増えてきています。

旧来のトイレの構造は比較的単純であり、水漏れが発生してもパッキンの交換等で解決できるなど、多少の修理作業であれば問題なく行うことができる例も少なくありませんでした。しかし電子部品が多く取り入れられるようになってきた2010年代以降の製品は、専門の知識を有している水道関係の修理会社でなければ対処が困難なものも多くみられます。その代表的な例が、水流を検知するセンサーです。古いタイプのトイレでは、タンクの中に水がたまることでフローティングが浮き上がって水を止めるという構造でしたが、現在の電子制御の場合には検知センサーがどの程度の水が流れたのかを判断して止水をする信号を発して水を止めるというシステムとなっています。

このセンサーに何らかの異常が発生してしまうと、いつまでも水が止まらずに流れ続けてしまうというトラブルが発生することとなります。このような異常な状況は、部品の交換によって改善することが可能となりますが、その作業は専門の知識や交換用の部品、工具等も必要になりますので修理会社へ依頼することが必須となります。多くのトイレの故障を修理している経験のある会社であれば、原因の特定も早くなり問題の解決がスピーディーに進むことが出期待できます。ご家庭で使用しているトイレの不具合においては、専門の会社に依頼をしてみてもらうということがベストな選択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *